英語学習者間で話していると、

 

①ノンネイティブスピーカーと英語を話す方が得意

②ネイティブスピーカーと英語を話す方が得意

 

という具合に分かれるときがあります。

 

 

ノンネイティブと話すのが好きという人の意見で、お互いに学習者同志、英語が拙くても安心して話せる。だから何回も同じこと伝えようと英語を話そうと試みていても気を遣わなくてすむ。

お互いに難しい単語を使うこともないから、話しやすい、聞きやすい。という点があります。

 

 

ネイティブスピーカーと話す方が好きという人の意見として、相手がネイティブだと自分が話している英語が完璧でなくても相手が憶測してくれて拾ってくれるから話が伝わりやすい。

相手がネイティブだからもちろん英語を話すことに余裕がある分、向こうから冗談も言ってくることもあり、話が弾みやすい。という話もあります。

 

 

結局のところ、これは英語学習者の心の持ちようだと思いますが、英語を話す上で自分が言ったことが相手が伝わるかどうか。

これはネイティブスピーカーだろうが、ノンネイティブスピーカーだろうが大切なポイントです。

 

 

話し相手がネイティブスピーカーであろうと、自分が知っている単語が伝わらないときもあります。

それは自分が使ってみた単語が日常会話では使わない単語のため相手が知らない可能性もあります。

 

英語圏の学校では、ネイティブですら比較的大学で多くの単語を学ぶ傾向にあるため、高校卒業レベルのネイティブスピーカーは単語力がない可能性もあります。

私たち日本人もあまりにも難しい日本語だったり専門用語であったり、使い慣れていない言葉を聞いてもわからないときはありますよね。

 

 

では、相手に自分が知っている単語を使って伝わらなかったときはどう対処したらよいのでしょう。

そして、相手がノンネイティブスピーカーのときも然りです。

自分がこれは簡単だろうと思って使った単語やイディオムが伝わらなかったとき、なんでこんな簡単な単語も知らないんだ!と思っても仕方ありません。相手は知らないのですから。

 

そのときは、どのように相手に伝えたらいいのでしょう。

 

 

話し相手に自分が使った単語や表現が伝わらなかったら、単語を置き換えてみる。

自分に単語力がなければ、それを説明すればいいのです。

 

 

例えば「勉強しようと思っても、ついぐずぐずしちゃうんだよね。」

これを英語で

I’m likely to procrastinate even though I intend to study.

と表現したとします。

 

でも相手がprocrastinate(ぐずぐずと先延ばしにする)がわからなければ、まず単語を簡単なものに置き換えてみる。例えば、hesitateとか。

 

 

「今日、友達を見送りに行ったんだ。」と英語で言いたいときに

I saw off one of my friends today.と言ったとします。

相手がsee off(見送る)がわからなかったときは、

I went to the airport to say goodbye to one of my friends today.

と説明することができます。

 

 

単語力があれば、それに越したことはないかもしれません。

でも、必ずしも自分が知っている単語が相手に伝わらないときもあります。

そのときは、自分の言葉で説明することが大切です。

 

自分で説明するときに必要なもの。それは文法です。文法がわかっていれば、基礎的な単語を使っていきながらも、相手に説明することができます。

 

大人が英語を勉強する上で大切なこと。

それは基礎的な単語力と文法力です。