英語を使いこなすためには文法は必須です。

そして、文法や単語とセットで正しい例文を覚えることもとても大切です。

 

でも、生徒さんの中でも、「こんな例文は自分の日常で使うことがないから覚える意味がない!」とおっしゃる方も、稀にいます。

 

そういう方は、その文法を使った自分が英語を話すときに使いそうな例文に変えて覚えることをお勧めします。

 

でも、自分が使わなさそうな例文を覚えることも、決して無駄ではないと思います。

 

 

自分が使わなさそうな例文でも、

「その例文の前後にどんな会話が繰り広げられるんだろう」と考えては、

その前後の英文を自分で作ってみる。

 

その作業が、実際に話す練習をするにあたっては大切です。

 

そして、自分が覚えた例文をそのまま実践で使えるように、会話をコントロールする。

「相手がこういう話をしてきたら、自分がこう切り返して、

そして自分が覚えた例文を使ってみよう!」

 

そういうことを考えながら、例文を覚えては、

その前後で何を話すかも考えては口に出して練習。

 

その積み重ねをすることで例文も無駄ではなくなりますし、

さらにはその前後の自分オリジナルの例文も作る練習ができて一石二鳥です。

 

 

そして、実際、動詞を使いこなすためには、例文を覚えないといけません。

なぜなら、その動詞が何文型を取るのかがわからなくなるからです。

 

文型がわからないと、いつまでたっても文章はきれいな形で作れません。

 

 

例文をしっかりと確認して覚えることで、単語の本当の意味が感覚でわかってきます。

 

英語は日本語のために作られていません。

しかし、辞書を調べると何かしら日本語の意味が載っています。

 

日本語に訳すなら、この意味が一番近いかなと思われる意味が載ってはいますが、

でも実際英語の感覚と日本語の感覚は違うことがあります。

それゆえ、1つの単語にしても例文をいくつか見ることで、その単語の本当に意図していることが見えてきます

 

また、英単語を覚えるときに英文ごと覚えると、覚えやすく、忘れにくいと思います。

なぜなら、関連のある言葉がまとまって出てくるからです。

例文を覚えることで、その単語がどういうときに使われるのか少しずつわかってきます。

 

色んな例文を見ていると、こんな使い方もあるんだなと言語に対する興味もさらに湧いて楽しくなってくると思います。

 

そして、その例文を流暢に使いこなしている、つまり英語ができている自分を想像して、

にやけながら英語学習をすることもモチベーションをキープする1つの手段だと思いますよ。