留学をしていて、この人もったいないなぁと思ったことを今日は書いていきたいと思います。

 

留学の目的も様々です。

 

海外の大学で英語で何かの勉強をしたい人。

ただ単に海外で生活をしたいがために語学学校に行っている人。

英語をしっかりと身に着けたい人。

 

今から書くことがすべての人にはもちろん当てはまりません。

 

でも、英語を身に着けたいと思って留学をしているのに、留学先で日本人とだけ関わり、そして日本語だけで生活するをする人がいます。

 

もちろん語学学校のレッスンでは英語で英語を学んではいるんでしょうが、

せっかく海外にいて英語を話す機会がたくさんあるにも関わらず、

日本人同士でずっと一緒にいるのはとても勿体ないことだと思います。

 

もちろん、留学をしなければ出会わなかった日本人には変わりはないですから、

もともとの目的が英語の習得ではない留学の人なら、それもまたよしでしょう。

 

 

なによりも、もったいないなぁと思うことは、英語自体を海外で学ぼうとすることです。

時間やお金に余裕がある人はいいかもしれません。

でも、英語の習得は日本国内にいても十分できます。

 

海外で語学留学をしても、教えてもらうことはルールである文法です。

そして、文法を使って話す練習をする。

 

まだよくわかりもしていない英語を英語で説明されるのと、

日本語で文法を説明され文章を作る練習をするのでは、

どちらが、よりわかりやすいでしょうか。

そして無駄なく学習できるでしょうか。

 

 

日本にいても話す練習と聞く練習は一人でもできます。

自分が作った英語が伝わるかどうか確認するときに、相手が必要となり、

それが会話、英語で会話、すなわち英会話になります。

 

英語を話す練習として、一人でいるときでも、これって英語で言えるかな?と思ってそれを口に出して練習をしてみる。

 

そして文章を作るためには文法が必要。

自分でちゃんと文法的に間違っていない文章を作れているか確認する。

 

確認した上で、それを流暢に言えるようになるまで練習する。

 

ここまでが一人でできること。

 

 

そして、それを実際に英語でちゃんと相手に伝わるかを確認する。

それが英会話の特訓です。

 

 

語学留学といえども、まずは一人でしっかりと練習をして話せるようになってから留学した方が断然、有意義なのになぁと思います。

 

もちろん、何が有意義かはその人次第でしょう。

でも、海外に行けばなんとかなる!というスタンスよりは、日本にいる間にも着実に英語学習を進めておくことをお勧めします。